iPhone/iPodニュース 2010年5月12日版


●「iPhone 4G」の新機能、720pのHDビデオ撮影機能搭載が決定的!-gizmodo(http://www.gizmodo.jp/2010/05/iphone_4g720phd.html

もう買い替えは決定でしょうかね!

出る出ると噂ばかりが先行する「iPhone 4G」新モデルですけど、このほど開発者向けに公開中の「iPhone SDK 4」ベータ版を徹底分析して、720pのハイビジョン動画を撮影できる機能の標準装備がほぼ確定的になってますよ。

現在は「iPhone 3GS」にてVGA(640×480)の動画撮影に対応してますけど、新たに発見された「AVCaptureSessionPreset1280x720」というコードからするに、いよいよ来月の「WWDC 2010」で登場が期待される最新モデルでは、カメラ回りを大幅に強化して、1280×720の高解像度でHDビデオ撮影が実現することになるでしょうね。いまやYouTubeだってHD動画の時代ですし、これは大歓迎のニュースですよね。

そうしますと、とりわけ昔からの「iPhone 3G」ユーザーはマスト買い替えを覚悟しといたほうがいいのかもしれまんね~


●アップル、サムスン製フラッシュメモリを買い占め・次世代 iPhone用?-engadget(http://japanese.engadget.com/2009/02/20/nand-iphone/

米国の投資銀行ThinkEquity Partnersが顧客向けリポートのなかで、「アップルがサムスン製NANDフラッシュメモリを大規模に購入する動きを見せた」と伝えています。同レポートでは2009年4月出荷分までのすべてのサムスン生産分をアップルが押さえた、とされています。サムスンは世界のNANDフラッシュメモリの約 40%を生産しており、今回のアップル購入分は相当な量。リポートではまた、アップルは同時に東芝、Hynixに対しても増産要求をしていると伝えています。

大量の数が動くアップル製品でフラッシュメモリを使うものといえばもちろんiPod / iPhone。初代iPhoneが発売されたのは6月、iPhone 3Gは7月、また今年の1月にアップルのシニアVP フィル・シラー氏が製品の投入サイクルについて言及した際、「iPhoneは年の中頃(6月)」とコメントとしていることを総合すれば、次期iPhone への動きと捉えるのが自然です。 例年通りであれば6月に開催されるWWDC 2009、あるいは9月に開催されるiPod関連のイベントで次期iPhoneの発表があるかもしれません。


●iPhone発売でスマートフォン時代到来…韓国-yomiuri(http://www.yomiuri.co.jp/net/news/internetcom/20100512-OYT8T00376.htm

昨年11月、Apple の iPhone が韓国市場でも発売されました。この iPhone の発売により韓国の携帯電話市場にスマートフォン時代が到来し、無線インターネット市場での変革をもたらしました。関連ソフトウェアとアプリケーションの開発ブームはもちろんのこと、モバイル金融市場にまで変化の波が押し寄せています。

移動通信業界では iPhone に対抗するため、携帯電話事業者たちの新製品の出荷が続いており、新しいもの好きで好奇心が旺盛な韓国人たちにスマートフォンはまたたくまに広がりました。

最近の報道によれば韓国通信事業者大手の KT(前身は国営の韓国通信)が iPhone を発売し、わずか4か月で50万人を突破するほどの加入者を獲得しました。サムスン電子(SAMSUNG 電子)のオムニアなど、後発組の加入数まで加えると、スマートフォン加入者はすでに100万人を超えると言われています。


●アイエフエスネット、iPhoneと「Handbook」活用で社員研修を強化-mycom(http://journal.mycom.co.jp/news/2010/05/12/030/index.html


ITインフラサービスを提供するアイエスエフネットは5月11日、iPhoneとインフォテリアの「Handbook」を利用し、社員向け情報研修配信サービスを実施すると発表した。




Juice Pack Air for iPhone 3G ブラック MOPーPH

Juice Pack Air for iPhone 3G ブラック MOPーPH

  • 出版社/メーカー: FocalPointComputer
  • メディア: エレクトロニクス




 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)