fullsizeoutput_599

2017年がスタートしました。昨日はプロレス界のビッグイベント、東京ドームで開催されたWRESTLE KINGDOM 11を新日本プロレスワールドのライブ配信で見ていました。

中学生のころからプロレスを見ていましたが、テレビ放送がなくなってから離れていました。最近abemaTVなどで見る機会があり、そこからまたプロレスの魅力にハマっています。

僕が中学時代に見ていたプロレスからすると今のプロレスはしっかりエンターテイメント化されていて初めて見る人にとってはすごく見やすくなっていると思います。

選手の衣装もオシャレになっているし、入場曲や登場シーン、決めポーズや決めセリフもしっかり演出されているので華やかさがあります。昔のプロレスは男臭さが前面に出ていたので女性は入りにくかった世界でしたが、今のプロレスは老若男女が楽しめるものになっています。

特に今の新日本プロレスは選手間のバランスがとれていて好きな選手やチームを見つけることができるので、イケメン選手が好きな人、派手な技が好きな人、コミカルなパフォーマンスが好きな人、選手の生き様が好きな人など、いろいろな楽しみ方ができます。

華々しいエース争いのオカダ・カズチカと棚橋弘至。カリスマになりつつある内藤哲也。ガチガチの真剣勝負をやりたがる真壁と石井と柴田。チームとしてのパフォーマンスが高いロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン。ジュニアヘビーからの素晴らしい成り上がりケニー・オメガ。

昨日のWRESTLE KINGDOM 11で、新日本プロレスのエースの座をオカダ・カズチカが確実のものとし、カリスマの座を内藤哲也が射止めるという、棚橋・中邑時代の次の時代の幕開けというかたちになった興行でした。



プロレスは相手の良いところを引き出したうえで、さらに自分の良い部分を出して勝つという総合格闘技とはまた違った魅力があります。そして選手同士の抗争や選手個人のストーリー、チーム間の抗争などがあり、好きな選手を軸に見る人もいれば新日本プロレスという会社の方針を軸に見る人もいると思います。ゆへに勝ち負けが決まっていて、それがすけて見えると面白くないと思う人もいることでしょう。

しかし、私はそれでも良いと思っています。

もしプロレスにシナリオが存在していたとして、それを本物だと思わせるには演技ではなく、勝つにも負けるにもファンを納得させるだけの技術と肉体が必要だからです。それは長年のトレーニングでしか得られないし、見ている側としてはその努力に敬意を払うしかありません。私も筋トレをしていますが、自分の技を思うように繰り出し、相手の技を受けても怪我しないような筋力と柔軟性、適度な脂肪のついたレスラーのような体を作ることは容易ではありません。これができるのがまさにアマチュアではなくプロフェッショナルなのです。

そして昨日のWRESTLE KINGDOM 11のメインマッチ、オカダ・カズチカVSケニー・オメガ戦は46分45秒というとてつもない試合でした。相手の良いところを引き出し、さらに自分の良い部分を出すという試合で、そこにシナリオがあるとかないとかは関係ない。今年初の試合にして今年最も輝いた試合になった可能性が高い、最高のものでした。

Twitterでは #njwk11 というハッシュタグでファンのツイートを見ていましたが、日本語、英語、スペイン語、ドイツ語など様々な言語で語られていました。新日本プロレスが世界でも話題になっているんだなと実感しました。

どうやらテレビ朝日のCS放送でもWRESTLE KINGDOM 11の生放送があったようですが、メインマッチが46分45秒という想定外のものになり放送時間がなくなり途中で終了してしまったようです。私は新日本プロレスワールドで見ていたので最後まで見れました。

新日本プロレスワールドは月額999円で契約できます。試合のライブ配信もありますし過去動画も見ることが出来ます。WRESTLE KINGDOM 11のロイヤルシートチケットが5万円ですから、それから考えるととても破格でプロレス観戦ができます!実際の会場のライブ感にはかなわないでしょうが、実況・解説もあり最適なカメラワークで見ることができます!田舎にいても新日本プロレスを楽しめる時代がやってきました!

どうしてもお金をかけたくないという方はabemaTVなどで見てみることをおすすめします。そして新日本プロレスが見たくなったら新日本プロレスワールドと契約しましょう。今の新日本プロレスにはお金を払う価値が充分にあります!

そして選手のファイトにきっとあなたもパワーをもらえるはず!それが明日を生き抜く力になります!

新年一発目から、すごいパワーをもらった新日本プロレスをこれからもしっかり見ていきます!


・新日本プロレスワールド
http://njpwworld.com

・YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/NJPW