news_header_shinyashokudo_eiga
ドラマ版で大ファンになった深夜食堂。残念ながら映画館でみるチャンスを逸していたのですが、Netflixで映画版が追加されていたので見てみました。ドラマシリーズについての感想などはラジオで収録しましたのでお聞きください。



マスター1人で切り盛りする小さな飯屋。深夜0時から朝7時頃までしか営業しないことから「深夜食堂」と呼ばれている。メニューは豚汁定食、ビール、酒、焼酎のみだがマスターができるものなら何でも作ってくれるという深夜食堂。この店のマスターと客たちとの交流を描いた物語。ドラマ版は1話完結スタイルで、一つの料理とその料理にまつわるエピソードと客の話。

深夜に出入りする客との交流なので、訳ありだったり、コンプレックスとかいろんなジレンマをかかえていたりします。その人生模様をながめるというのがこのドラマの楽しみ方かもしれません。決してハッピーエンドなわけでなく、かと言ってバッドエンドなわけでもない。これが生きるということなのかもしれないという大人な感情を伝えてくれているのかもしれません。

昭和感ただよう雰囲気が、流れ行く人生模様により一層拍車をかけます。これが本当のクール・ジャパンだと思います。ジャパニーズ侘び寂びドラマです。

マスター役の小林薫さんの存在感が素晴らしく、言葉数は少ないのですが悩める客たちを暖かく受け入れたり、黙って見守ったり、ときには叱咤激励をしたりと、このマスターもいろいろ悩み苦しみながら生きてきたんだろうなと想像させます。

img20141023173306630


そんな深夜食堂の映画は、ドラマと同じような形をとって4つの物語のオムニバス形式なんですが…正直な感想を言うと 「どうしちゃったの?深夜食堂」 と映画を見終わった瞬間に口から出てしまいました。

4話中、2話は全く必要ない話だなと…極論をいうと多部未華子さんの部分の話を深掘りしていった方が興味深い映画になったのではないかと思うんですよね。料理とそれにまつわるエピソードが薄すぎるなと…。最後の話に至っては田中裕子さんの無駄遣いというか…その話全くいらんだろという展開になってしまい、映画だいなしなエンディングでした。

これはドラマ版見てた人からしたら残念な結果でしかなく、映画だけを見た人にとっては とっても退屈な映画になってしまったのではないかと危惧しています。ドラマ版では侘び寂びが せつな悲しい ほど伝わってきていたので本当に残念でありません。

しかしながらドラマ版は本当に素晴らしいので、映画だけ見て「なんだこれ?」と思ってしまった皆さん、是非ドラマ版を見てください。お願いします!

次に期待してってこれで次の映画化なんてあるのだろうか…と思っていたところ、どうやら続編の映画が放映されるようです。

「続・深夜食堂」というタイトルだそうです。2016年11月5日(土)公開で、今回はNetflixオリジナルドラマ『深夜食堂 -Tokyo Stories-』2016年10月21日(金) 全10話一挙配信ということです。Netflixユーザーの自分にとってはとても楽しみ。ドラマ版の予告編見ただけでテンション上がりました。映画はどうなることやらですが期待しています!








深夜食堂
http://www.meshiya.tv