ヤングアダルト



 Hola!TBSラジオ ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフルの人気コーナー、毎週サイコロで観に行く映画を決める映画評論!ザ・シネマハスラーで取り上げられていた「ヤング≒アダルト」を見たよ。

解説:仕事も恋愛もうまくいかない30代の女性が、妻子のいる元恋人と復縁しようと大騒動を繰り広げる人間ドラマ。「真の幸せとは何か」というテーマを辛らつな笑いと共に描き出す。大人に成り切れずイタい言動を繰り広げるヒロインをシャーリーズ・セロンが熱演。

 評論を聞いて、どうしても見たくなった。宇多丸さんの言葉がとても印象的だったから…

「自分が今いる環境、育ってきた環境や価値観に何の疑問もなく順応している人達、それを世間は大人というのかもしれないけれど、そんなに偉いかお前らは!っていうことですよね。で、そっからはみ出さざるえないような人達もいると、そんなにダメか俺たちは、そんなに面白いか俺達が!っていうことですよ。」

 「周囲の価値観に折り合いつけられず大人になりきれない主人公」 俺か?俺じゃないのか?ってすごい気になったんですよねえ。

 “結婚して子供つくって幸せな家庭を築く” ←これが僕の今いる環境の価値観なんです。ここにハマってないし、ましてや仕事も無いしで、そんな価値観を構築することさえ出来ず…かと言って自分の価値観を押し通すような力もないというジレンマ…。おい!俺ってやっぱポンコツじゃねえか!ヾ(^▽^*おわはははっ!

 見て思ったのは、宇多丸さんの評論が的確だったってことなんですよね。そう!価値観なんですよ、相容れない価値観同士がぶつかって「一体、何が幸せなの?」ってなっちゃうんです。

 これはウィークエンド・シャッフルのサイトでまだ聞けるので聞いたこと無い方は要チェックですよ!おそらくこの解説なしに見たとしたら「なんだこの映画?」で終わってしまっていたんですが、解説を聞いたことによって素晴らしい映画に昇華しました。

 映画の公式サイトでも、この映画をコメディだとか、ヒューマンだとか表現していますけど、全然、そんな映画じゃない。公式サイトのレビューのページでは様々な著名人が感想を述べていますが、なんか的外れな感じ。この映画をもっともよく見抜いているのは宇多丸さんである!是非、聞いてください!最後にそんな宇多丸さんの言葉を!

「最低の奴に涙してしまう。映画ってスゴイ!」

  TBSラジオで毎週土曜日21:30~「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」放送中!ラジオも聞いてね~Ciao!






TORIMIND SNS

Twitter-128FaceBook_128x128Google+-square-128Youtube-black-and-white-128p