DSC01473

road1


 2泊3日での耶馬溪サイクリングの旅の総評を書きたいと思います。

 耶馬溪のサイクリングロードは中津駅からコアやまくにまでの約35キロとなっていますが、僕のみたてではコアやまくにから青の洞門までの設定に変更した方がよいと思うのです。

 私が宿泊したのは耶馬溪サイクリングターミナルという所でコースの中間ぐらいの地点にあります。1日目はそこから中津駅まで走ったわけですが、青の洞門を過ぎ少し走ったところで自転車道がなくなり、案内板も分かりづらくなってきます。それに中津駅に近づくにつれ、単なる車道を走るだけになるのです。サイクリングには不向きなのでサイクリングロードの再設定が必要かと思います。

 宿から青の洞門までは10キロで自転車道も田舎道を走る感じで景色も悪くない。なにせ10キロという距離ならばサイクリングが初めての方や、家族連れにもちょうど良いでしょう。ここに非常に力を入れ、奇跡の10キロとでも呼べるようなコースを作ると観光的にも素晴らしいと思います。耶馬溪は秋がメインですから沿道にはコスモスを並べるとか、花で演出するといいのではないでしょうか。そしてたどり着く先が青の洞門や羅漢寺であれば自転車も観光も十分に楽しめる。そんな奇跡の10キロを演出してみてはいかがですかな?

 宿からコアやまくにまでのコースは景色的には田舎的で良いと思います。紅葉の季節は見事に色づいて素晴らしい景色が見れるはずです。

 あとは自転車道のアスファルトのコンディションが良くない。僕はクロスバイクでしたがロードバイクだとどうなんだろう?パンクリスク高くないか?と感じました。これは僕がしまなみ海道と比較してしまうからかもしれませんが、凸凹だったりする所も多いので改善が望まれます。寿命もあるかと思いますが、耶馬溪から帰ってきたあとタイヤの内側の繊維が切れていたので交換となりました。

 以上の点をふまえると、

1.自転車道コンディションの改善
2.コース設定をコアやまくにから青の洞門に変更
3.奇跡の10キロを作り、ファミリー層の宿泊増加を狙う

 という3つが改善プランになるのではないかと思います。しまなみ海道に負けないサイクリングコースにするために是非、実行していただきたい!

皆さん、秋の耶馬溪は最高です!風を感じて走りましょう!






com

WEB

Twitter